エクセルやワードなど、複数のソフトを同時に使ってもサクサク使う事ができるパソコンのスペックを教えてください!

重要なのは『CPU』『メモリ』『SSD』

よく仕事でエクセルやワード、会計ソフトを使うんですがよく動作が重たくなったり、まったく動かなくなる時があります。他にも音楽プレイヤーの起動に何分もかかる場合もあり、ストレスを頻繁に感じています。これらの複数のソフトを同時にサクサク使う事ができるパソコンにするにはどのくらいのスペックが必要ですか?

容量が重たいソフトを使用するとパソコンが重くなる。よく聞く話ですね。

エクセルやワード、音楽プレイヤー、他にも画像編集ソフトやイラスト作成ソフトを使う際、多くの容量が必要になるため、パソコンのスペックが低いと起動や動作に支障が出てしまいます。

ひとつだけのソフトを使用するならまだ大丈夫ですが、同時に複数のソフトを使うとなるとそれなりのスペックが必要になります。

そこで、重要になるパーツが

・CPU
・メモリ
・SSD

以上の3つです。

CPUとは、簡単に言うとパソコンの『頭脳』です。CPUのスペックが高ければ高いほど、パソコンの処理能力は早いです。おすすめのCPUは「インテル Core i3」か「インテル Core i5」のどちらかですね。この2つのスペックよりも低いCPUでは複数のソフトを同時に使用する際にうまく処理できない可能性が高いですね。

そして、メモリ。容量の重たいソフトを使うためには、このメモリの容量も多くなければいけません。一般的なパソコンは4Gになっている事が多いですが、4Gでは正直容量は足りません。複数のソフトを同時に使用するためには最低でも8Gのメモリが必要ですね。さらに余裕を持ちたいのであれば16Gのメモリにするといいでしょう。

最後にSSD。高速起動・高速動作を求めるならSSDにする事は必須になります。HDDからSSDに変更するだけでパソコン自体の起動も早くなり、容量が重たいソフトなどもすぐに起動する事ができるようになります。SSDの容量は多ければ多いほど、たくさんのデータを保存する事ができるのでお金に余裕があるのであれば容量の大きなSSDにする事をおすすめします。

以上の事をまとめると、

CPU→「インテル Core i3」か「インテル Core i5」
メモリ→「4G」か「8G」
SSD→「SSD(120GB)」か「SSD(240GB)」

が複数のソフトを同時に使ってもサクサク使う事ができるパソコンのスペックになります。

ただ、どれか一つでも欠けているとソフトをサクサク動作できない場合もあるので注意してくださいね。

例えば、CPUのスペックが高くてもメモリの容量が少ないと動作に支障がでますし、メモリの容量が多くてもCPUのスペックが低い場合もソフトの起動・動作に支障がでます。

BTOパソコン お役立ちコンテンツ

家電量販店よりも断然に安いBTOパソコン。
BTOパソコンの安さの理由と高性能BTOパソコンを選ぶポイントをご紹介しています。


ノートパソコンのご購入をお考えの方へ。ノートパソコンを購入するならBTOパソコンがおすすめです。
自分仕様にカスタマイズして自分にピッタリのパソコンを購入してほしいと思います。


仕事で使うモバイルパソコンが欲しい!という方へ。
ここではおすすめのモバイルパソコン、モバイルパソコンを購入する時におすすめのBTOパソコンメーカーをご紹介しています。


当サイトがおすすめしているBTOパソコンメーカー『マウスコンピューター』で実際にノートパソコンを購入した方の体験談をご紹介しています。


安くて高性能。この事はパソコンの購入を考えている人にとってはとても魅力的な事になると思います。
ここでは現在、パソコンの購入をお考えの方へおすすめのBTOパソコンメーカーをご紹介しています。


ページTOPへ