グラフィックボードをハイスペックにしてキレイな映像を楽しむ

パソコンではDVDやBlu-rayを観る事も可能です。

最近の映画は映像もハイクオリティでとてもキレイな画質で楽しむ事ができます。

パソコンにより高画質を求める際、グラフィックボードをハイスペックにする事をおすすめします。

グラフィックボードとは簡単にいうと画面に映像を出力するパーツで多くのスペックがあり、ハイスペックのグラフィックボードにする事で高画質、高性能の映像を見る事ができます。

DVDやBlu-rayの本来の画質を引き出す事もできるのパソコンで映画を十分に楽しむ事ができます。

映像以外にも臨場感も楽しみたいという方にはスピーカーなども追加してみるといいでしょう。

おすすめカスタマイズ
OS Windows10 Home Premium 32bit
CPU インテル Core i3-4160 (デュアルコア/HT対応/定格3.60GHz/L3キャッシュ3MB)
メモリ 4GB
HDD/SDD HDD(500GB)
パソコンの起動・動作を高速化したい場合はSSD(120GB)
グラフィックボード GeForce GT 740~960
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ
電源 AcBel iPower 85シリーズ 400W (PCA012) (400W 静音電源 / 80PLUS BRONZE)
(電源はパソコンの寿命や性能に関係してくる重要なパーツのでできるだけ大容量の電源にする事がおすすめ!)
*上記でご紹介してきたパーツは映画を楽しむ際の最低限必要なカスタマイズになります。パソコンにより高性能を求める場合は上記でご紹介してきたスペック以上のもの選択しましょう。また、大画面モニターやスピーカーなども追加していきましょう。

BTOパソコン お役立ちコンテンツ

家電量販店よりも断然に安いBTOパソコン。
BTOパソコンの安さの理由と高性能BTOパソコンを選ぶポイントをご紹介しています。


ノートパソコンのご購入をお考えの方へ。ノートパソコンを購入するならBTOパソコンがおすすめです。
自分仕様にカスタマイズして自分にピッタリのパソコンを購入してほしいと思います。


仕事で使うモバイルパソコンが欲しい!という方へ。
ここではおすすめのモバイルパソコン、モバイルパソコンを購入する時におすすめのBTOパソコンメーカーをご紹介しています。


当サイトがおすすめしているBTOパソコンメーカー『マウスコンピューター』で実際にノートパソコンを購入した方の体験談をご紹介しています。


安くて高性能。この事はパソコンの購入を考えている人にとってはとても魅力的な事になると思います。
ここでは現在、パソコンの購入をお考えの方へおすすめのBTOパソコンメーカーをご紹介しています。


ページTOPへ