ゲームパソコンはスペックが高くないといけない

3Dゲームパソコンをカスタマイズする際に重要になるパーツ

インターネットが普及している現在、パソコンでできるゲームも多く販売されています。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなども現在ではパソコンで楽しむ事ができます。

現在のパソコンゲーム、特に3Dゲームのグラフィックなどのクオリティの高さにはすごいものがあります。

パソコンでゲームをする際、ストレスなくサクサク行うにはやはりパソコンのスペックは高くないといけません。

BTOパソコンのメーカーや販売店のホームページを見てもゲーム向けのパソコンが用意されていて、ゲームをする際にはゲームパソコンを推奨しています。

3Dゲームをパソコンで楽しむ事が目的でBTOパソコンの購入をする際には高いスペックのパソコンになるようにカスタマイズしなければいけません。

3Dゲームパソコンをカスタマイズする際に重要になるパーツは、

・CPU
・メモリ
・グラフィックボード

の3点になります。

CPU

CPUとはパソコンの頭脳とも言える部分になります。このCPUが低ければパソコン自体の性能が悪くなってしまい、パソコンの中でも最も重要なパーツになります。

先ほども述べましたがパソコンでゲームを楽しむ場合にはスペックの高いパソコンが必要になり、それなりのCPUが必要になります。

ゲームをする際に推奨されているCPUのスペックは、『インテル Core i5 以上、クロック数 3.0GHz 以上』になります。

ゲーム自体の性能も年々高くなってきているので、スペック的には上記でご紹介したスペックよりも高いスペックを選ぶ事をおすすめします。

メモリ

メモリに関しては、容量が大きければ大きいほどおすすめです。

最低でも8Gにするといいでしょう。
BTOパソコンメーカーもメモリの容量は最低8Gを推奨しています。

メモリの容量が低いとゲームの動作が遅かったり、不具合が発生する事もあるので、パソコンでゲームを楽しむ際にはメモリの容量も重要になってきます。

また、メモリを8Gにする際には、OSが64bitである必要があるので注意してください。

OSには32bitと64bitがあり、何が違うのかというと扱える情報量が違います。

32bitですと認識できるメモリ容量は約3Gになります。64bitですとそれ以上のメモリを認識する事ができます。

パソコンでゲームをするには最低でもメモリは8Gが必要ですの64bitでなければいけません。

グラフィックボード

パソコンでゲームをする際には上記でご紹介してきたCPUとメモリも重要になるパーツですが、もうひとつ重要になるパーツがグラフィックボードになります。

グラフィックボードとは、画面上に絵や文字などのグラフィックを表示するパーツになります。

最近のゲームですとグラフィックも高性能なものになってきているのでグラフィックボードにもそれなりのスペックが必要になります。

BTOパソコンメーカーの推奨しているゲームパソコンの多くが『GeForceシリーズ』のグラフィックボードを搭載しています。

そして、ゲームをする際には『GeForce GT 740~』を推奨しています。

BTOパソコン お役立ちコンテンツ

家電量販店よりも断然に安いBTOパソコン。
BTOパソコンの安さの理由と高性能BTOパソコンを選ぶポイントをご紹介しています。


ノートパソコンのご購入をお考えの方へ。ノートパソコンを購入するならBTOパソコンがおすすめです。
自分仕様にカスタマイズして自分にピッタリのパソコンを購入してほしいと思います。


仕事で使うモバイルパソコンが欲しい!という方へ。
ここではおすすめのモバイルパソコン、モバイルパソコンを購入する時におすすめのBTOパソコンメーカーをご紹介しています。


当サイトがおすすめしているBTOパソコンメーカー『マウスコンピューター』で実際にノートパソコンを購入した方の体験談をご紹介しています。


安くて高性能。この事はパソコンの購入を考えている人にとってはとても魅力的な事になると思います。
ここでは現在、パソコンの購入をお考えの方へおすすめのBTOパソコンメーカーをご紹介しています。


ページTOPへ